本屋大賞2024

1か月間くらい好きな本読めてなかった

1月中頃からずっと仕事が忙しくて
地震の影響で後ろ倒しで仕事が増えた感じ

2024年本屋大賞のノミネート作品が発表されてて
読みたい本がいっぱいあるのに!

夏川草介さんの「スピノザの診察室」
また泣かせてくれるんだろうか
号泣しちゃって困るんだよね、一人のときに読まないと

塩田武士さんの「存在のすべてを」も気になる
彼の「騙し絵の牙」は度肝抜かれました
映画もおもしろかったし

「成瀬は-」もなんかタイトルが気になって
本屋でも結構山積みになってますね


大賞はたぶん、凪良ゆうさんの「星を編む」じゃないかと予想してます

まさか、あの大作「汝、星のごとく」の続編を読めるとは思わなかった
それでも人生は続いていく-
最高の作品でした

ちょっと暇になってきたら、片っ端から読んでやるぜ!待ってろ

この記事へのコメント